サルでもわかる!お金の貯め方

氷河期世代のFPが超簡単分かりやすくお金の貯め方を解説します!

【FPが参加】虹クリニックの体外受精説明会の口コミ・感想【不妊治療の費用と方針について聞いてみた】

 

虹クリニック

虹クリニックの看板。曇り空の日でした

不妊治療のため近所の婦人科に通院すること約1年。タイミング法と人工授精を繰り返しましたが、成果出ず。次からは体外受精を行おうと考えています。とはいえ、体外受精には大金が必要。病院選びは慎重に行いたいところです。

 

そこで、私は、体外受精を実施している複数の病院の説明会に参加。実際に、病院まで足を運び、複数の体外受精説明会に参加したからこそ分かった各病院の実情を書き記したいと思います。

 

ネット上の口コミや病院の公式サイトだけでは分かりにくい、各病院の治療法や費用面の特色をお伝えします。体外受精を考えていらっしゃる方の参考になれば幸いです。

 

今回、訪れたのは「虹クリニック」(東京都杉並区・最寄り駅は荻窪駅)です。虹クリニックは、総合病院である荻窪病院のサテライトクリニックとして生まれた、不妊治療に特化した病院。2019年、開院から10年になるそうです。

 

虹クリニックの体外受精説明会「妊活ひろば」(妊活勉強会)の内容

 

虹クリニックの体外受精説明会は「妊活ひろば」(妊活勉強会)という名称で実施されています。別に体外受精に特化した内容ではなく、タイミング法や人工授精の説明会としての機能もあるようです。

 

同病院の公式サイトに実施日程が記載されているので、電話で参加申込をしました。

 

説明会は、虹クリニックの受付ロビーで行われました。参加者は、10人ほどのカップル。杉山産婦人科やリプロダクション、NAC日本橋などの有名クリニックの体外受精説明会と比較するとずいぶん小規模(よくいえばアットホーム)な雰囲気です。

 

ロビー内にあるテレビを使って、パワーポイントで作成したらしき画像が表示され、説明会がスタート。

 

ほかの病院では、お医者さんが出てきて体外受精について熱く語ってくれることが多かったのですが、虹クリニックの説明会ではお医者さんの登場はなし。ベテランとおぼしき看護師さんからお話を聞きました。

 

内容は、妊娠のしくみや不妊の原因についてなどの、どこの病院の説明会でもお話されているようなものから始まり、虹クリニックで行う基本検査の内容(ホルモン検査、支給卵菅造営検査、フーナーテスト、高温期検査、超音波検査、精液検査など)やタイミング法、人工授精についての説明がありました。

 

体外受精についての説明は、「卵巣刺激→採卵→媒精 体外受精胚移植黄体期管理」、「痛み止めや麻酔を使って卵を採ります」という内容のみ(まあ、ごく一般的なもの)でした。

 

他の病院が、独自の手法について熱く語るなか、虹クリニックの体外受精の説明は非常にシンプル。いくつもの病院の体外受精説明会を渡り歩いている身としては、肩透かしを食らった気分でした。が、タイミング法や人工授精の方法まで説明会の内容に入れているということは、不妊治療初心者向けの病院なのかもしれません。

 

 

虹クリニックの体外受精・治療方針とは

虹クリニックの治療の特徴は、様々な選択肢を用意しているところだそうです。

オーダーメイドの治療法

体外受精はカスタマイズ可能。自然周期法から刺激周期法までいろいろな方法に挑戦できる。

荻窪病院産婦人科と連携あり

荻窪病院産婦人科電子カルテを共有できるので、治療から出産まで総合的に診てもらえる。

男性不妊にも対応

生殖医療専門の泌尿器科の医師が在籍。男性不妊への対応も可能。

相談できる

いつでも看護師に相談可能。心理カウンセリングも予約できる。ミニ講座の実施あり。

 

 

虹クリニックの体外受精にかかる料金

 

料金表は以下の通り。

虹クリニック料金表1

虹クリニック料金表1

虹クリニック料金表2

虹クリニック料金表2

虹クリニック料金表3

虹クリニック料金表3

虹クリニック料金表4

虹クリニック料金表4

まとめ

体外受精の病院は、基本的には排卵の方法にそれぞれの独自性を出しているものです。例えば、加藤レディスクリニックやNAC日本橋、新宿アートクリニックなどの所謂KLC系の病院は自然周期法にこだわりがあります。リプロの場合は、高刺激で1度にたくさんの卵を採るという方針です。

 

虹クリニックの場合は、特に何かの排卵方法に特化しているのではなく、自然周期から刺激周期まで、いろいろな方法を試せるようです。

 

うまく妊娠できた場合は、荻窪病院で出産することもできます。地元密着型の荻窪病院になじみがある人にとっては、うれしいのではないでしょうか。

 

また、他院にない特徴として、虹クリニック(荻窪病院)では、男性HIV感染者と陰性の女性との間の体外受精を行っているそうです。個人的には、荻窪近辺に住んでいて、「不妊治療を始めてみよう」という初心者の方に向いている病院かなと感じました。