サルでもわかる!お金の貯め方

氷河期世代のFPが超簡単分かりやすくお金の貯め方を解説します!

【FPが行ってみた】加藤レディスクリニックの体外受精説明会で費用と治療方針について聞いてきた【不妊治療の口コミ評判】

f:id:moneyfp:20190831111129j:plain

加藤レディスクリニックの宣伝ボード。西新宿駅構内にあります。


近所の婦人科に通院して1年。タイミング法と人工授精を繰り返すも成果出ず。いよいよ体外受精を受けるべく、いくつかの有名不妊治療病院の説明会めぐりを実施しました。

 

このブログでは、私と同じように体外受精の病院選びで迷っている方々に向けて、各病院の説明会の様子などをレポート。今回の記事では、都内・自然周期不妊治療病院の総本山とも言える加藤レディスクリニックの体外受精説明会に参加したときの内容を記しています。参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

加藤レディスクリニックの体外受精説明会

f:id:moneyfp:20190831111445j:plain

ハイアットリージェンシー東京


加藤レディスクリニックの体外受精説明会の会場はハイアットリージェンシー東京のセンチュリールームA。会場内には、ゴージャスなシャンデリア(?)が吊るされており、他病院の説明会とは違いお金がかかっている雰囲気でした。

 

説明会に参加していた患者候補者たちは、30代後半から40代前半くらいの夫婦が中心。同世代ばかりが大量に集まっているので、私は「マンモス大学の同窓会ってこんな雰囲気かなぁ~」とか思っていました。

 

正直、20代のピチピチ若者カップルは見かけません。ある意味、落ち着き始めた年代のヒトたちばかり。参加者数は少なく見積もっても200人から300人くらい。他の病院の体外受精説明会だと、少ない場合は10人ほど。多い場合でも数十人でした。しかし、さすがは加藤レディスクリニック、規模が違います。

 

他の不妊治療病院と同様、まずはスライド(他の病院のスライドは、パワーポイントで作ったような静止画でしたが、加藤レディスクリニックのスライドは、一部動画が使われています! お金かかってるぅ~と思いました)加藤恵一院長からの説明がありました。

 

院長のほか、培養士からお話もありました。

 

 

 

 

加藤レディスクリニックの体外受精・治療方針とは

加藤レディスクリニックの体外受精説明会でメモした内容を、箇条書きで紹介します。

 

【加藤レディスクリニックが重要視していること】

精子の状態

・ヒューナーテストの結果

・卵菅

排卵

 

・ピックアップ機能障害は、検査では分からない。

・2015年42万件のART症例数。

・2015年 ARTによる出生数は5万人超(日本産婦人科学会調べ)。

 

・受精率はどの年齢でも8割以上。

・分割率もどの年齢でも9割以上。

胚盤胞発生率は35歳まで6~7割。40歳未満は5割くらい。移植できる胚が減っていく。

・妊娠率は35歳くらいまで6割くらい。45歳で2割くらいに減る。

 

・強過ぎる排卵誘発は準備中の卵胞に悪影響。

・遺残卵胞が出る可能性があり、遺残卵胞がある周期は良好卵が採れないので調節が必要になる。

 

・自然周期(低刺激法)はクロミフェンを使う。hCGは使用せず、GnRHアゴニスト(点鼻薬)を使う。

クロミフェンは、採卵率を向上させる。

 

・完全自然周期の場合は、来院数が少ない。

・完全自然周期で採卵できるのはは、月経周期が正常で、ホルモン値も正常の場合。

 

・自然周期だと毎月でも採卵可能。

・戻せた受精卵の妊娠率は良好。

 

・加藤レディスクリニックでは、クロミフェンを使う場合が8割ほど。

 

・2016年の場合、12262人の患者数に対して、出産数は4000人ほど。

・毎年4000人くらい出産している。

 

・採卵時に麻酔はしない。

・他院の半分から3分の1くらいの細さの針を独自開発しており、それを使う。

・経膣超音波で移植する。

 

・採卵後2日目で分割胚移植(←初回はコレ)または、5日目で胚盤胞移植

・分割胚 移植できる率が高い。

胚盤胞 妊娠率が高いがコストも高い。

 

【KLC採卵の特徴】

・針が細い

・5分で採卵

・無麻酔

・採卵後20分安静

・経膣エコー下胚移植

・凍結移植は、自然排卵

・内因性のホルモン重視

・単一胚移植(多胎発生をゼロに近づける)

 

・日本の多胎率3.2%に対してKLCは1%

 

・採卵周期、凍結胚移植日は午前中に来院する。

・夫も最低1回の来院が必要。

 

 

 

 

 

・培養士からの話

培養士さんからのお話もありました。以下、当日のメモを箇条書きしていきます。

 

・培養士は63人。

・リスクマネジメント、品質マネジメントに力を入れている。

・患者の静脈登録を行い、採卵当日に確認。ラベルを発行し、ダブルチェック。

・自家発電装置あり。

・培養器具は壁に固定されている(←地震時でも大丈夫ということらしい)。

 

・1000倍の顕微鏡レンズで精子を選別する。

・顕微授精ができる培養士は40人くらい。

・顕微授精の正常受精率は全国平均76.8%。それより数値が悪くならないようにしている。

・KLCの正常受精率は83.7%

 

・凍結保存技術を製品化し、国内95%の体外受精施設で使われている。

・年間2万周期を超える採卵件数

・データが多いから検証しやすく、珍しい症例にも対応可能。

・培養室の様子を患者が見られるようになっている。

 

 

加藤レディスクリニックの体外受精にかかる料金

 

料金表は以下の通り。

 

f:id:moneyfp:20190831110858j:plain

体外受精(IVF)治療費について 1

f:id:moneyfp:20190831110935j:plain

体外受精(IVF)治療費について 2

f:id:moneyfp:20190831111710j:plain

通常料金 新鮮胚移植プラン



 

 

 

f:id:moneyfp:20190831111801j:plain

保存管理料 採卵費用(卵子得られず)

f:id:moneyfp:20190831111900j:plain

体外受精周期の治療中断 完全自然周期採卵の成功報酬制度を適用した料金(プランA)

f:id:moneyfp:20190831112004j:plain

体外受精治療費 完全自然周期採卵の成功報酬制度を適用した料金(プランA)

f:id:moneyfp:20190831112108j:plain

完全自然周期採卵の成功報酬制度を適用した料金(プランA)

f:id:moneyfp:20190831112205j:plain

完全自然周期採卵の成功報酬制度を適用した料金(プランA)

f:id:moneyfp:20190831112350j:plain

お支払方法について 助成金について

まとめ

加藤レディスクリニックの体外受精の特徴をざっくりまとめると…

排卵誘発の方法

自然周期、低刺激法。クロミフェン使用

説明会の雰囲気

とにかく規模がでかい。培養士の数63人聞くだけでも、その規模感が分かるというもの。ほかのどこの病院よりも、大きな会場を使った説明会に、多数の来場者。圧倒された。説明内容は、新宿アートクリニックと似ていたと思う。

 

東京で体外受精を受けるとなったら、誰でも一度は加藤レディスクリニックを候補の1つに考えてみるのでは? というくらい超メジャーな加藤レディスクリニック。自然周期法の総本山の病院だけあって、説明会も大きな会場で行われておりました。

 

余談ですけど、私が以前通っていた婦人科の院長は「体外受精はとにかく培養士! 培養士の腕が7割、医者の力は3割くらい。都内の体外受精の病院で一番良い培養士が揃っているのは、加藤レディスクリニックだから。とれる卵の数は少なくても、腕の良い培養士がいる!」と言っていました。なので、私も期待して説明会に参加したのです。

 

今回の記事は、私が説明会に参加し、当日走り書きしたメモをこのページに写し書きしたものです。内容には、間違いが含まれる可能性があります。加藤レディスクリニックへの通院を考えていらっしゃる方は、体外受精説明会へのご参加をおすすめします。